木材利用ポイントで木と生きるエコな生活をより身近に

地域の活性化を生む

地域にお金を使う

木材利用ポイントが持つ意義、それは地域の活性化を生む、という観点からも見出すことができます。消費者にとって大きな題目として掲げているものではありませんが、消費者が木材ポイントを利用すればそれだけで、自分の住む地域はもちろん、日本全国の各地域を支える力になります。
観光や旅行に行くこと、それは自分自身の心身のリフレッシュになるばかりではなく、地域経済活性化の力にもなります。自分たちが旅先で使ったお金は、そっくりそのまま旅先の店舗の収益になり、それは結果として地域住民の経済に貢献することにつながります。だからといって、しょっちゅう遠出できないのはもちろん、簡単にお金を使う機会を作れないのも現実です。そこで、木材利用ポイントが効果を発揮します。
木材利用ポイントはすでに買い物をしたものに対する還元として提供されるものですから、懐に痛いものはありません。むしろ、使わないと損だともいえます。そのタイミングだからこそ、気軽に気になったものを購入することができるはずです。しかもそれは、日本全国の職人たちが手をかけて作った製品を購入できるという意味も持ちます。その結果、職人にお金が落とされて、職人が暮らす地域の経済を支える力になるといえます。
木材利用ポイントは、使うだけで自分にとってお得になることはもちろんですが、それだけではなく日本全国の地域活性化の力になるという魅力があります。

景品という観点

木材利用ポイントの魅力を踏まえて、景品という観点からより地域活性化に注力できる選択肢もあります。それは例えば、木材利用ポイントで地域振興券を購入できるという魅力があります。地域振興券を選べば、自分の住む地域で自由に使える商品券を手にすることができて、好きなお店にお金を落とすという地域貢献活動が自然と生まれます。
また、全国共通商品券とも交換できるため、地域貢献ということは一旦無視して、自分が自由に使える商品券を手に入れて経済的な余裕を手にして、その商品券を使うことで自然と地域貢献に関わることができます。
消費が多くなればそれは必然的に地域貢献になる部分があるため、木材利用ポイントで商品券や振興券を購入することもまた、景品という観点から地域の活性化を生む方法として有用です。

募金もできる

木材利用ポイントを使うときに、募金という使い方をすればさらに日本社会に貢献できる使い方を検討できます。森林を守るための活動を行っている団体は多いため、その募金としてポイントを充当してもらえば、大きな社会貢献につながると期待できます。
しかも、信頼の置ける団体への募金しか取り扱われていないため、使ったお金が予定されていない用途で利用されることもなく、まさしく日本のためにできることを頑張る、という活動につながります。
木材利用ポイントを使うときには、募金をすることも検討すると、社会貢献をさらに高い次元で行うことができる。この特徴は、木材利用ポイントを知るにあたって、無視できないポイントです。